Bibliothèque

Titres (29)
Titre Album Durée Écoutes
『参弐零参壱壱壱弐伍壱九参壱伍九伍弐壱七伍伍伍四壱四壱六四』 4:03 9
天涯万里、必然を起こすは人に在り、偶然を成すは『天』に在り。 3:10 8
秤を伴わない剣は暴走を、剣を伴わない秤は『無力』を意味する。 3:43 8
夜光の珠も闇に置けば光彩を放つが白日に曝せば『魅力』を失う。 4:59 8
勝望美景を愛し、酒食音律の享楽を添え、画に写し『世』に喩え。 3:41 8
性は危険と遊戯を、つまり異性を最も危険な『玩具』として欲す。 3:19 8
人々が個を偉人と称する時が来れば彼は殊に『傀儡』へと変わる。 3:01 8
闇に残る遅咲きは、艶やかな初花より愛らしく『夢』と共になり。 5:23 8
決断は無限の扉を開くのでは無く無限の誤謬に『終止符』を打つ。 2:43 7
逆さまにゆかぬ年月、幸福に最も近い消耗がまた『明日』も来る。 2:12 7
瞼の裏に夜明けの眠りが、閉じた瞳と思い出に『目覚め』を求む。 3:43 7
自由と孤立と己とに充ちた現代に生きた犠牲として訪れる『未来』 5:15 7
大胆は無知と卑劣の子であって、他の資格よりはるかに『劣』る 5:55 1
如何に強大な精神や力といえども知性なくしては『無』に等しい 2:45 1
美しき旋律も、音を語る言を持たずしては心にも『留』めがたし 5:19 1
愛も信仰も同じ様に日々のささやかな勤行でのみ『維持』される 5:02 1
明日を最も必要としないものが、最も快く明日に立ち『向』かう 3:04 1
音の中の「痙攣的」な美は,観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。 4:57 1
「反復」は時間観を撹拌し,思惟の歩をゆるめ涅槃の郷愁を誘う。 3:41 1
俯瞰も仰視も果ては茫洋な空に対峙す,その偉観こそ真の「現実」 6:04 1
人間は自由なものとして生まれ,至る所で「鎖」に繋がれてゆく。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 3:25 1
如何に強大な精神や力といえども知性なくしては「無」に等しい。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 2:52 1
沈黙中の表情にこそ,言葉選びに勝る本当の雄弁が「存在」する。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 4:24 1
天涯万里,必然を起こすは人に在り,偶然を成すは「天」に在り。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 3:11 1
いつも好転する未来を望み,しかし時節の変化は「恐」れている。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 3:45 1
思想とは我々の選ぶものを見せず,我々の好むものを「見」せる。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 5:59 1
夢とは現実という平凡なものに付ける美しさに似た「嘘」の俗称。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 3:26 1
言葉を用いて奏でる者は才能に在らず,ただの記憶に「過」ぎぬ。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 4:30 1
我々は希望に従って約束をし,恐怖にかられて約束を「果」たす。(2011/6/25 LIVE@渋谷 CLUB QUATTRO) 7:19 1