• 2011

    31 déc. 2011, 17h49m par leeberjohn

  • 2010

    31 déc. 2010, 14h45m par leeberjohn

  • スピードが最大の武器 - Pulley/Together Again for the First Time

    25 août 2007, 7h26m par studiomohawk

     わずか二分と少し。
    Pulleyが放った4枚目のこのアルバムは13曲すべてを177秒以内に抑え、Guitarist Jim Cherryの脱退をものともせず、もっとも軽快でスピード感溢れるPop Punkを展開した。
     NoFxのコピーとはもう言わせない、オリジナリティを確定した前作Pulleyから二年。ライブで培ってきた勢いのすべてをこのアルバムに注ぎ込んだ。
     新しさとメロコアの王道とをうまく混ぜ込み、無駄な音を極限まで無くしエッジを引き出し、それでもなお、キャッチーなPulleyらしい軽やかなメロディーラインは健在。
     まだ未聴だが、2004年4月に発表されたアルバムも上々の評価を得ているようで、メロコア生誕から約15年、PulleyはPop Punkをメロコアで盛り上げていくのに十分な力をもったバンドだろう。